ハイトスの里山山行記 BBS!

110094
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

荒島岳 - たそがれオヤジ

2016/08/29 (Mon) 16:36:22

荒島岳ご苦労さまでした。
せっかくの遠路はるばるの百名山も、雨やらガスでさっぱりというのも残念なものです。
私もこんな憂き目によく遭いましたので、自分のこれからの歩きは、そういった展望を逸した山を改めて別ルートで歩いてみようかなといったところにあるのですが、二度目はピーカンという保証もないし、そうなったら相性の問題かも知れませんね。
荒島岳は勝原スキー場から登りました。ここもまた5時間弱でしたね。私も往復のロングドライブがあったものですから、随分と物足りない印象が残ったものです。
荒島岳から見えた野郷白山、その時は、次回はアレだなと思いつつ、ずっとそのままになっております。

Re: 荒島岳 - ハイトス

2016/08/30 (Tue) 23:48:40

たそがれさん、こんばんは。
荒島岳は春に登って冠雪の白山を眺めるのが一番の季節だと思っていたのですが、相方にせがまれました。
何せ天気が悪いのと混みそうなのでアルプスは諦めてもらったのですが、荒島岳は予報がよかったのです。
結局雨の中の高速道走行と、肝心の山も予報とは異なり小雨とガスの中で散々でしたよ。
こういうこともあるのでしょうが無いですが。

そうですか勝原ルートで登られたのですね。
やはりこの山は白山と併せて登るのが負荷的にも丁度よい具合かもしれませんね。
野郷白山は深田さんが最後まで荒島岳とどちらを選ぶか悩んだと云われる山ですよね。
場合によってはこの山と荒島岳を組み合わせるのがいいかもしれませんね。

大朝日岳 - ふみふみぃ URL

2016/08/16 (Tue) 09:10:20

大朝日岳の近くに気になる山がありつつも遠いし車で行くとこじゃないな、なんて思ってましたが鳥海山も大朝日岳も車で行かれるハイトスさん達の記事を見ると諦めるのは早いなと思ってしまいます。疲れた歩きの後の運転は結構膝に来る気がするのですがそれもこなされているとなれば気づいたらうっかり日本百名山達成してましたもありそうですね。
振り返ると緑の稜線に歩いてきた道がすっと続いていく、この光景はいいですね。以東岳の先に興味があり、朝日連峰の景色を見てしまうとやっぱり行きたいなという気持ちが再燃してきました。この辺りの稜線上の植生も参考になります。
稜線上に水場が多いのはこの辺りの特徴なんでしょうか。水を大量に担がなくていいのはうれしいですね。


Re: 大朝日岳 - ハイトス

2016/08/17 (Wed) 23:12:07

ふみふみぃさん、こんばんは。
運転はとにかく根性です。(笑)
7時間もかかるのでおいそれとはいきませんが、交代要員がいればなんとかなります。
ふみふみぃさんは頼もしい後輩たちがいるので良いですね。
以東岳の先に興味を持ちのようですが、自分も地形図を眺めて、こことここで幕営して等と空想しておりました。
以前だったら空想だけで無く実行していたかもしれませんが、もうダメですね。
水場が豊富なのでその点も拍車を掛けそうですが。

ところで先日は瀑泉さんと中々興味深いルートを歩かれましたね。
錫へは密かに前々から構想を練っていたルートが有ったのですが、今となってはお蔵入りですかね。
絶対に人の通りそうも無い藪で膝がおかしくなって動けなくなってしまったらジエンドですからね。(泣)

大朝日岳 - たそがれオヤジ

2016/08/16 (Tue) 05:58:54

ハイトスさんには、何とも恐れ入りますよですね。
ハイトスさんにも百名山だからといった隠れた意識もあるのでしょうか、結構、楽しく登っていらっしゃる気配が伝わってきますよ。
みー猫さんも朝日岳ですか。ご夫婦で。
自分が遠出はおろか近くの山にも行けないでいる一種のひがみでしょうかね、皆さんうらやましいですね。

Re: 大朝日岳 - ハイトス

2016/08/17 (Wed) 22:59:27

たそがれさん、こんばんは。
わかりましたか。(笑)
そうなんですよ、おつきあいとはいえいざ登ってみると百名山に選定されるだけあってなかなかいい山でした。
おまけに天気も良くて最高でした。
苦手なのはアルプスの激混みの小屋とテン場ですのでわがままと云えばそうなのですが中々ご要望に応えられませんのです。
山そのものはものすごく行ってみたいですが。
膝は何とかなったみたいです。
以前のようには歩けませんが、CT程度ならこなせそうです。

絶好調ですね - みーさん

2016/08/15 (Mon) 21:39:48

ハイトスさん、おK3 こんばんは。

鳥海に続いて今度は朝日岳ですか。
ホント、絶好調じゃないですか。とくにおK3の充実ぶりっていったらすんごいです。それにシャレも絶好調だし(笑)
ウチもいつも奥さん先行型なんで同じですね(笑)

たしかにこの時期、鳥海に比べて水場があるのはありがたいですね。でもウチは使いもしないのにテント道具一式を担いで行ったので鳥海よりキツカッタです。よせばいいのに小朝日も登っちゃうし・・・。

そうそう、鳥海はウチが帰る日に前泊したんですよね。時間的に酒田あたりですれ違ったのかな。酒田の花火大会は結構盛大で見事でしたけど、見れましたか?

Re: 絶好調ですね - ハイトス

2016/08/17 (Wed) 22:51:22

みーさん、こんばんは。
行ってきましたよ。2週連続で。
根性を見せたご褒美があの頂上での景色でした。
大朝日岳は鳥海と同様にいくつものルートが有りますので本当は縦走したいぐらいなのですが、やはり最初はオーソドックスな水場の豊富な古寺鉱泉からのルートになりました。
地元だったら色々楽しめるのになぁと思いました。
アプローチがとにかく遠いですからね。
みーさんはエライ!。
小朝日も登るしテントも担いで。
自分なんかはザックまで軽量のものに変えちゃいましたよ。

そうなんです、おK3は絶好調です。(笑)
最近の写真はおK3の後ろ姿ばかりですよ。

酒田あたりですれ違ったかもしれませんね。
花火は見ましたよ。
運転しながら時々チラ見をするたびにおK3に「あんたは見ちゃダメ」としかられていましたが。

白山 - みー猫

2016/08/12 (Fri) 00:13:20

こんばんわ、おK3さん。
山友さんとの遠征お疲れ様でした・・・いやぁ、やられました。初日は自分と似たような感じとおもいましたが、2日目の晴天と雲海が素晴らしいです!自分がもう一回行くのはなかなかかないそうにありませんが、きっとその眺めがあったんだろうと拝見しまして慰めになりましたです。うーん、行いが違うのでしょうねぇ(笑)

Re: 白山 - おK3

2016/08/16 (Tue) 12:12:24

みー猫さん こんにちは。

あいにくの天気でしたね。普段の行いとは関係ないかと・・

しかし、折角の機会を有効に活用して白山を楽しんでさすがですね。
みー猫さんは本当にお山が好きなんですね。
みー猫さんのブログを拝見する度にジンジンと伝わってきます。
先日の沢登りではハイトスがお世話になりました。

鳥海山 - たそがれオヤジ

2016/08/12 (Fri) 07:23:24

いいですね。広々としていて。日本海も見えるのですね。
私が行った時は、鉾立山荘に泊まって飲み過ぎ、二日酔いの頭で登っただけではなく、雪が降り始めて視界はなしでした。
改めてやり直し山行しなきゃなとは思っているのですが、記事を拝見し、それも早まりそうですよ。

Re: 鳥海山 - ハイトス

2016/08/15 (Mon) 00:52:14

こんばんは。
早速のコメントを有り難うございます。
今回は暑かったです。
2人も熱中症でやられていて、おまけに1人はドクターヘリを呼ぶ騒ぎでした。
しかしあの岩の組み合わせのような山頂で雪が降るとなると怖いですよね。
雨でも滑りそうで怖い感じですが。

白毛門沢 - たそがれオヤジ

2016/08/06 (Sat) 11:41:23

その節は暑い中、お疲れさまでした。
記事を拝見し、私の知らないところで、いろいろとトラブルやら秘話があったことを知りました。
タタラのセン、ハイトスさんたちは意識して眺めたようですね。私なんか、大きな滝だなと脇から眺めただけで、それがタタラのセンとは知りもしませんでした。分かっていたら、じっくりと観察したのにと後悔もしております。それでいて、なぜか写真だけは何枚か撮っているし、ハーケン打ちことを聞いたのも覚えています。おそらく、捲き疲れで意識も遠のいていたのではと思っています。
捲きの間に転倒もされたようで、ウワサで何となく感じてはおりましたが、広範囲のアザが出来るほどの大転倒だったようですね。
後日の筋肉痛でしたか。私は特別にそういうことはありませんでしたが、足がやたらと重く感じましたよ。歩くのが面倒というか。
落ちこぼれ云々はハイトスさんの意識過剰かと思いますよ。少なくとも、私はハイトスさんに合わせた歩きをしたという覚えはありませんがね。若手2人はどうだったのか、その場合は、ハイトスさんのみならず、私を含めての2人でしょう。
筋肉痛はともかく、今回の歩きでのヒザの痛みの成果はいかがなものでした?

Re: 白毛門沢 - みー猫

2016/08/06 (Sat) 16:29:25

こんにちわ。
皆さんと集まる時は沢になってるような気がしないでもないです。ハイトスさんが転んじゃったときは、自分は正直あまり支えにならなかったように思いますよ。長い藪漕ぎだったし疲れてみんな転んでましたのでしょうがないですね。岩場はハイトスさんにかなうとは思ってませんでしたし、久々で自分で精一杯でした。一週前の八海山は記憶からふっとびましたね(笑)・・・一方下りですが逆にハイトスさんの超速下りが無くなって自分としては、助かりましたです。でも瞬間的に速いときがありましたね、ストックの威力恐るべしです。記事にありませんでしたが、運んでいただいたお水を最後に自分がいただいてしまい、ありがとうございました。またご一緒お願いいたします。

Re: 白毛門沢 - ななころび

2016/08/07 (Sun) 12:29:50

こんにちは。毎日暑いですね。
当日は私も含めて、皆さんいろいろ痣などを作ったようですね。ハイトスさんのが一番ひどそうですが、その後大丈夫だったでしょうか。
ハイトスさんは歩きのスピードについて、色々気にされていますが、登りで消耗しきった私は、あの下山スピードで大いに助かったのです。
当日登りで、多々苦労した為、長いこと思い出に残りそうな沢登り、連れて行ってもらって感謝しきれません。

Re: 白毛門沢 - ハイトス

2016/08/08 (Mon) 23:30:39

たそがれオヤジさん、こんばんは。
本当に暑い中お疲れ様でした。
皆さんの記事を読んで初めて知るようなことも多いですね。
たそがれさんには頂上付近で心配いただきすみませんでした。
あのあたり息が上がって休み休みでなければ体が言うことを聞かない状態でした。
岩登りそのものは楽しかったのですが、自分は踏跡を外れて歩いていたせいか2か所ほどどうやって超えるんだろうという岩がありました。
息が上がっている割にはその辺を楽しんではいたのですが。
膝はもう慢性化したというか痛くない歩き方を取得したというか、先日ほどのスピードが精一杯ですが、何とか山歩きを引退しなくてもよさそうだと思っています。
たそがれさんはあのお二人についていけるのだから大したものです・・・とまえから思っています。


みー猫さん、こんばんは。
お疲れ様でした。
いやいや転んだときはみー猫さんがいなかったら下まで転げ落ちていましたよ。
ありがとうございました。
いい加減な支点に体重をかけた自分がわるいのですよ、大いに反省しなくては・・です。
でもやはり最後の岩場から草むしりのあたりは皆さんいっぱいいっぱいだったですね。
少し安心しました。
下りはストックを使わないといつもの調子で下ってしまい、これはまずいとなるべく使うようにしておりました。
T型のストックを準備いただいたようでお気遣いかたじけなく思います。
あの斜面で採水したものが役に立って幸いです。



ななころびさん、こんばんは。
肘で受け身をしたのですが、結構ひどい痣になってしまいました。
もうほとんど綺麗になりましたが。
最初家内に見せたらびっくりしてましたが。
今回のななさんは先導役で一番元気がありましたね。
沢も岩もバリバリですね。
そういっていただくと少し気が楽になりますが、登っている最中も皆さんに申し訳なくて。
そうですか、ななさんはもっと余裕があるように見えましたが。
ところでまだ記事にはなっていないようですが、手焼沢は一人でいかれたのですか?
少し驚いています。
家内から沢は絶対に一人で行かないようにと釘を刺されております。


百名山 - ゆるおやじ

2016/08/02 (Tue) 23:15:21

ハイトスさん、おKさん こんばんは。

四国のあとは、東北にアルプスですか。百名山完歩も着々とという感じですね。

おkさん、一人で東北遠征とは気合が入っていますね。
早池峰山: 天気もよく展望、花を楽しまれたようですね。ハヤチネウスユキソウは咲いていましか。(少し早いかな)
八幡平: 青空があれば池塘や八幡沼がきれいに見えたでしょうね。

常念岳: 稜線は強風で大変だったようですね。でも、頑張って登った甲斐あって青空とアルプスの展望が見られたようですね。
やはり、山頂からの展望はいいですね。 確かに、あのテン場は厳しかった(^^)

鳳凰山: 山小屋もテン場も混みこみだったようですね。シーズン中は仕方がないですね。
やはり、花崗岩の稜線はいいですね。 確かに、中道は、また歩きたいと思うような道ではなかった。

Re: 百名山 - ハイトス

2016/08/08 (Mon) 23:01:41

ゆるおやじさん、こんばんは。
富士山の写真をありがとうございます。
わが隊が見たものと方向はおなじですから南アルプスより富士山に近い場所からの画像でしょうか。

一人で遠征など初めてなので、最初は本気かどうか疑ったくらいです。

今回の百名山シリーズはゆるおやじさんは懐かしくご覧になられたご様子。
やはり天候によって山のイメージも変わってしまいますね。
常念よりも鳳凰のほうが印象が良くなっています。山のせいではないのに(笑)
常念のテン場は風が強くなくても傾斜がきつくていやだなと思いました。
その点鳳凰は林間なので平らだし条件が良いですね。
恵まれていると思います。

ドンドコ沢 - 瀑泉

2016/07/25 (Mon) 02:07:36

鳳凰三山を歩かれるようでは,大分,膝の方も回復されているようで何よりです。
ところでドンドコ沢ルートを登られたようで羨ましい。
此処ばかりは,滝屋的に登らないワケにもいかないんで,いずれとは思ってるんですが,未だに行きそびれてますヨ。
まぁ,端から滝が目的なんで,青木鉱泉に一泊して,五色滝までの往復にしようかなぁ~とも思ってたんですが,ナルホド,山小屋に泊まって,ついでに縦走という手もありますネ。

Re: ドンドコ沢 - ハイトス

2016/07/26 (Tue) 21:29:18

瀑泉さん、こんばんは。
連続する滝を見ながら瀑泉さんと雪田爺さんのことを考えておりましたよ。
ドンドコ沢は大小合わせていくつの滝がるのかしらと思いました。
自分的には五色滝が良かったですね。
落ち口まで行けるのですが、時間の関係で途中までであきらめました。
実はこの日、あわよくば小屋に荷物をデポして空身で地蔵に行ってしまおうと思っていたのです。
しかし小屋に着いたら全くその気が起きませんでした。
ちなみに青木鉱泉はもう温泉も宿泊もやっていないそうです。
人手不足が原因らしいです。
縦走もいいのですが、中道はつまらないことこの上なしです。(笑)
車の回収が何とかなれば夜叉神峠までの尾根歩きが爽快でしょうね。

Re: ドンドコ沢 - 雪田爺

2016/07/28 (Thu) 14:52:31

こんにちは、懐かしいですね.そろそろ2年前の話ということになります.ドンドコ沢はハシゴもロープも殆どないので楽そうにみえますが、距離の割に標高差がある為かなりきついんですよね.概ねは下りに使う様ですが.おKさんも健脚だし、こんな所をリハビリで選ぶハイトスさんの膝も、もう全快ですかね.
南精進ヶ滝は分岐からすぐで簡単に見られましたのに(笑)

中道はただ一心不乱に下降した事だけ覚えています.御座石からも長かったですね~.キノコが多く生えていたので、その写真を撮りながらだったのが救いでした.(笑)私のレポには出してませんが、林道に下る手前でチタケを結構収穫できたんですよ(^_^V

Re: ドンドコ沢 - ハイトス

2016/07/31 (Sun) 18:31:43

雪田爺さん、こんばんは。
本来ならば滝を鑑賞しながらゆっくりと登るルートの様なのですが、当日中に地蔵に登って翌日は小屋から直接観音岳などと力量以上の企てがあったものですから急ぎました。
それでも小屋にたどりつくのが精一杯でした。
自分らにはとても当日中に薬師小屋までなどは考えも及びませんでした。
そうですか、南精進ヶ滝は分岐からすぐだったのですね。
地蔵直登の指導票に誘われてしまいましたよ。

そうですよね、中道はとにかく長い。
キノコも何もなかったので余計に長かったです。(笑)

鳳凰三山 ふみふみぃ URL

2016/07/24 (Sun) 08:08:44

後輩と日帰りでそのうち行こうかなどと話しておりました。登山道ゆえにシャクナゲさんとの触れ合いがないのが残念ですが道端で咲いてはいるようですね。
やっぱり人気の山、テント場がぎちぎちで詰めてくださいとはせせこましくて困りますね。仕方ないですが。
好天の稜線歩きが羨ましいです。せっかく遠くまで足を延ばしたら好展望を楽しまないと損ですよね。
昨日100名山を歩きに山梨まで行きましたがガスガスで長時間の運転とシャクナゲさんしか記憶にないです(笑)。

Re: 鳳凰三山 - ハイトス

2016/07/26 (Tue) 21:21:09

ふみふみさん、こんばんは。
百名山ですのでくっきりすっきりの登山道ですので藪は全くありませんで、シャクナゲさんもかわいいものです。(笑)
常念の吹き曝しのテン場をみたおかげで今回は最初から小屋泊りと決めていましたが、こちらのテン場はGoodです。
しかしあの混みようは閉口ものですが。
一人半畳よりはよっぽどましですが。
今回は幸運にも好天でした。
北岳には圧倒されました。
是非是非行ってみたいと思ってしまいましたが、これからのシーズン激混みは覚悟のうえでしょう。
100名山はどちらかというと相方へのお供の色合いが強くて引っ張り出されているという状況です。
膝の具合もあるのでこれくらいがちょうど良いのかもと思っておりますよ。
しばらくは相方のおともが続きそうです。(笑)
でも・・・あぁどこかの沢に行きたいなぁ。です。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.