ハイトスの里山山行記 BBS!

115321
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

赤城山 - たそがれオヤジ

2017/02/28 (Tue) 10:38:02

赤城山続きのようですが、どんなものなのか、雪がいつもよりも多いような気がいたしますけど。その分、今季は赤城山で十分に楽しめるのではないでしょうか。
今回の鈴ヶ岳あたりの写真を拝見すると、失礼ながら、雪山のベテランといった感じがいたしますよ。クラスト斜面を器用に歩かれているようだし。
赤城山も、鈴ヶ岳あたりになるとあまりハイカーも入らないし、この時期にはねらい目かもしれませんね。

荒山 - ふみふみぃ URL

2017/02/07 (Tue) 20:58:08

土曜日はどこも天気が良かったようですね。姫百合駐車場に車が多いのはそこから先の運転が面倒だなって人が多いんでしょうか。
荒山山頂近くにはアズナゲさんが生息しているそうでいずれ挨拶に出向こうと考えているのですが雪に埋もれてましたか?
南尾根には人が行かないんですね。下りならしゃくっと行きたいところですが荒山高原に戻るトラバースっぽいところが雪に埋もれていたら面倒そうで。
赤城山も大分雪が溶けているようですが日曜に補充されたのか気になります。

Re: 荒山 - ハイトス

2017/02/07 (Tue) 23:42:16

こんばんは。
好天に恵まれました。
富士山が綺麗に見えましたし。
姫百合はやっぱり鍋割が大半を占めていると思います。
荒山山頂近くのアズナゲさんは気が付きませんでした。(笑)
雪に埋もれているのでしょうね。
南尾根ですけれど小屋までは下りでなんとかですが、おっしゃる通りトラバース道は厳しいと思います。
最後の沢を渡るあたりが特に。
今回雪は結構クラストしてましたので雪遊びのイメージではなかったです。
だいぶ溶けていましたね。
おかげで夏道よりも歩きやすかったです。

荒山 - たそがれオヤジ

2017/02/06 (Mon) 09:36:50

こんにちは。
物足りないご気分でしたか。ここはやはり荒山からの周回をしていただきたかったところですが、トレースなしのラッセルではねぇ。沢の横切りあたりはかなり積もってもいるでしょうし。
ハイトスさんはずっとスパ長で通されましたか。ガチガチの雪ではワカンだのスノーシューだのと余計なことを考えずとも済むからいいですね。なまじフカフカだと荷物も多くなるし。

Re: 荒山 - ハイトス

2017/02/07 (Tue) 23:32:46

こんばんは。
荒山から南尾根を下る周回の予定でした。
小屋までは何とか下れてもそのあとのトラバースが雪が深そうですのでやめました。
一人ならば間違いなくいってましたが。
連れに途中で泣き言を言われる羽目になるのはわかっていましたからね。
一応ワカンは担いでいたのですが。
スパ長は今回のようなガチのトレース道には良いですね。
少しくらい凍っていても大丈夫ですし。
しかしこれもだいぶスパイクが擦れていたり抜けてきていますので代え時の様です。

荒山 - みー猫

2017/02/06 (Mon) 07:16:06

おはようございます。
鍋割山方面はいつも大人気ですね。ゆっくりスタートだと駐車場所も困難なのですか。でもトレースが無いところ、ラッセルまでやって行かない決まりの人が大半なんでしょうか。過度でなければ、楽しいと思うんですが。

Re: 荒山 - ハイトス

2017/02/07 (Tue) 23:26:38

こんばんは。
姫百合はまず8:00にはいっぱいですね。
いつもは通り過ぎるだけですが。
赤城は基本的にラッセルする人は限られますので根性で先頭を切る人がいないとほとんどの人はトレースのみです。
今回自分らもそうでしたが。(笑)
確かに過度でなければですね。
何年か前の新雪時に黒檜から展望場所までの胸まで沈むラッセルをやりましたがすぐにあきらめました。(笑)
たそがれさんと同じでトラウマがあります。

要害山 - たそがれオヤジ

2017/01/30 (Mon) 11:07:28

アイゼン忘れて撤退ですか。私ならそのまま行っちゃいますけどね。トレースも道みたいにしっかりしたのがあったのではないですか。荒山ならともかく、鍋割山なら行けたような気がします。現地の状況も知らずに、そんなことを記し、失礼があったらお許しください。軽はずみな行動で大きな事故につながることもありますしね。
引き続きの要害山ですか。私が行った時の要害神社は、境内が落葉だらけでこの神社にお参りする人なんかいないだろうになと思っていましたが、掃き清められているようですね。初詣にいらした方もいるのでしょう。
ついでながら、ポットホールの玉子石を私は見ておりません。探し回ったのですが。そして、スケルトン岩もまたどれがどうだったのかも。まさか、あの人面岩がスケルトンではないですよね。
ハイトスさんがスパ長ではね瀧橋を撮影しているところ、いい写真ですね。あれにピッケルとワカンをぶら下げていれば最高なのですが(笑)。
まだ時間も早いし、引き続きどちらに行かれたのでしょうかねぇ。
そうそう、足尾も今、旬の時期ですよ。

Re: 要害山 - みー猫

2017/01/30 (Mon) 21:09:15

こんばんわ。
自分も忘れるのでいつも車に長靴やら使わない4本爪やら、何がしか滑り止めを置いてます(笑)・・・今年の秋には訪れてみようと思います。車にあわせてザックを新調しましたね?・・・なんだか走り系のもののようにも見えますが。

Re: 要害山 - ハイトス

2017/01/31 (Tue) 00:13:29

たそがれオヤジさん、こんばんは。
こんな記事にコメントいただき恐縮です。
確かに今思えば鍋割ならば壺でも行けましたかね。
しかしツルンツルンで怪我でもされたら大変なので自重しました。
要害神社は寂れた感がいっぱいですが、周辺はそこそこ清掃されていました。
また、スケルトン岩ですがNETでは謎と言う人もいるのですが、しゃれこうべに見える岩がそれらしいです。
透明の意味ではなくて骸骨、骨格の意味らしいですね。
ゴリラ岩の南側の同じような岩がそれですね。

はね瀧橋の画像は笑えますよね。
さすがにワカンとピッケルは外しましたよ。(笑)
あの後は山じゃない場所に行きましたよ。(笑)

中倉に行かれたのですね。
後でじっくり拝見しますね。



みー猫さん、こんばんは。
せめて普段常駐させている軽アイゼンでもあればよかったのですが、今回はアイゼン持参なのでわざとザックから外したようです。(泣)

ザックはちょっと前に新調しました。
いつもは大は小を兼ねるとばかりに余計なものをいっぱい詰め込んでいたのですが、さすがに最近は重量を抑えなくてはと普通のサイズにしました。
けっしてトレラン用のものではありません。(笑)

赤城山 - たそがれオヤジ

2017/01/23 (Mon) 07:51:21

行き直しされましたか。赤城もまたすごい雪のようですね。
3時間弱では、雪遊びも物足りない気分だったのではないでしょうか。
でも今季初の雪山ですから、無理は禁物、まぁそんなところでしょうかね。
赤城山も、皆さんが歩き始めると、そのうちに雪も締まってくるだろうし、その頃にと思っております。

Re: 赤城山 - 瀑泉

2017/01/23 (Mon) 12:52:50

赤城山の最新情報,ありがとうございます。みー猫さんも18日に登られたそうですが,雪が,かなり多くなりましたネ。
それにしても,土曜は強風で大変だったのでは。
自分も,今度の土日あたりに出動しようと考えています。

Re: 赤城山 - ハイトス

2017/01/24 (Tue) 01:16:51

たそがれオヤジさん、こんばんは。
雪は結構ありましたね。
前日にもかなり降ったようでしたので雪の量は満足のいくものでした。
残念ながらあの曇り空で地蔵さえも見えないのはさみしい限りです。
そうですね、はっきり言って全く歩き足りませんでした。
みー猫さんのようなコンディションだったら最高だったのですが。



瀑泉さん、こんばんは。
雪の量は十分に満足のいくものでした。
土曜日の風はそこそこでしたが、撤退となったその前の週に比べればなんてことない程度でした。
しかし地蔵も見えない様な天候ではやはりつまらないですね。
展望場所から見る鈴や南北アルプスの遠望が一番のご褒美なのですが。

Re: 赤城山 - みー猫

2017/01/24 (Tue) 22:39:59

こんばんわ。
黒檜の登りを見る限り、自分の時よりも雪量が増したようにも見えますね。駒に行ってたら結構厳しかったのではないでしょうか。雪庇が出来るのは、駒の南と長七郎の北の部分かなと思いますので、次のチャンスに期待ですね。南北アルプスは見えなかったのでもう一回赤城には行かなくてはと思ってます。その際はよろしくお願いします♪

Re: 赤城山 - ハイトス

2017/01/26 (Thu) 20:27:22

みー猫さん、こんばんは。
そうですね、雪の量は前日に降ったらしく結構ありました。
分岐の道標が埋まってはいなかったので大雪というほどではありませんでしたが。
駒への周回は周りの人の話でトレースが薄いとのことだったので行けば結構苦戦したと思います。
そうですか、南北アルプスは画像がありましたがかすんでいた状態だったのですね。
よほどコンディションがよくないと遠方はしょうがないですね。
来月の天気の様さそうな日にでも予定が合えばご一緒させてください。

4年振りにアド山 - 仮面林道ライダー

2017/01/11 (Wed) 08:58:09

昨日、私も4年振りにアド山に行ってきましたよ。
コースは北から南へ大縦走しました。
周り中、採石所だらけですが稜線上は至って平和でした。
この手の場所は地形図で見たのと実際に歩いたのとでは大違い
で採石所の騒音がなければ穏やかな尾根歩きが楽しめますね。
レポは正月分、2回を作ってる最中なので当分上げませんが
ヤバイ場所も激藪も全く無かったです。
添付画像は途中で見掛けた石仏になります。

Re: 4年振りにアド山 - ハイトス

2017/01/11 (Wed) 22:49:27

仮面林道ライダーさん、こんばんは。
最初は仮面林道ライダーさんの真似をしてチャリを持っていこうかとも思ったのですが、どちらにしても坂を上るのがきつそうでやめました。

石仏の画像をありがとうございます。
一風変わった石像に見えますね。
北から南へ大縦走とはどのようなコース採りなのか興味の持てるところです。
自分の想定範囲外です。
いえることは北方向には石灰岩の採石場がごろごろしていますね。
以前に三峰山から眺めた採石場周辺尾根を歩かれたのかな。
記事のUPを待ってます。

アド山 - ふみふみぃ URL

2017/01/08 (Sun) 22:57:26

たそがれさんの所でアド山に行かれるとのコメントを見てうまいこと周回に組みこめないかと考えてみましたが、周りの尾根が採石場や実験場に囲まれており単発以外の歩きがどうにもしにくい山ですね。
ハイトスさんが取りつかれた側の逆、南にある嘉多山公園の方から歩いてこれないものかとも考えましたがそちらに入れそうな踏み跡はありましたか?岩場もあって楽しめそうなのでうまいこと周回してみたいです。
膝が治ったハイトスさんが今年はどこに向かわれるのか楽しみにしてます。勿論安全第一で(笑)。

Re: アド山 - ハイトス

2017/01/09 (Mon) 00:31:37

ふみふみぃさん、こんばんは。
そうなんですよ、この山は検討の結果皆さんのような周回ルートと今回のルートぐらいしか思い浮かびませんでした。
ところがななころびさんがふみふみぃさんの言われる嘉多山公園から歩かれたようですね。
もう少し念入りに調べればよかった。(笑)

膝は快調なので何とかペンディングのルートを歩きたいと思ってはいるのですが、最近は諸雑務?が多くなってきて基礎体力が落ちてきています。
情けない話ですが。
安全第一は心がけたいですね。
ふみふみぃさんも藪は根性で何とかなりますが、岩場や沢は気を付けでくださいね。

アド山 - みー猫

2017/01/06 (Fri) 22:09:45

本年もよろしくお願いいたします。
もう3年前に登ったんだと・・・そういえば紅葉があって趣向が同じような方とやさしげなじいさんと会ったんだなと・・・それにしても一杯書いてるナと改めて自分の記事を知る不思議を感じました・・・すっかり忘れてましたがハイトスさんの膝は何事もないようになられて、もとのやんちゃをしでかそうという気配なんですね(笑)

Re: アド山 - ハイトス

2017/01/08 (Sun) 18:18:12

こんばんは。
みー猫さんもそうでしょうね。
自分の記事を読み返して「そんなこともあったな」と思う程度と思います。
地元の方には桐生でいう吾妻山のようなものなのでしょうね。

そうそう、膝はもう何ともありません。
それなので最近はストックも使用しておりませんですよ。
念の為にザックに括り付けてはありますが。

あの岩は皆さんならば支障なく登れてしまいますよ。
今回は監視役から正月早々にお目玉を食らいましたが。

アド山 - ななころび URL

2017/01/06 (Fri) 22:03:11

こんばんは。
アド山は歩いたら予想以上に面白かった山なのを思い出し、また行ってもいいなと思いました。
ハイトス家のお雑煮は、とり肉、小松菜、なると、しょう油のすまし汁と、うちの母のと似ています。あと、うちのには大根も入ってます。
大岩を巻くように働きかける、おK3の言葉、いいですねー。「巻くのは恥だが、役に立つ。」です。今年お互い安全第一で、楽しみましょう。

Re: アド山 - ハイトス

2017/01/08 (Sun) 18:12:59

こんばんは。
この山は結構団体さんも来るみたいですね。
自分たちの時は誰にも合わない静かなものでしたが。
ななさんのように公園からグルリと歩くと丁度良いコース取りになりますね。
最近は元気もなくてお手軽ルートを選んでしまっています。
「巻くのは恥だが、役に立つ。」、ハハハです。
ぴったしですね。(笑)

そうですね、安全第一で行きましょう。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.